読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼクサルのブログ

日常のこととか趣味のこととかゆるーく書きます

遊戯王VRAINS見ての感想!

いよいよ遊戯王の新作も始まりましたね!その名も遊戯王VRAINS。まだ見ていない方もいると思うのでネタバレは極力控えて感想を書きます。

 

まあ、とりあえず面白かった!(相変わらずの語彙力)

遊戯王シリーズの1話だけで比較すればトップ1,2くらい。1話だけでこんなに興味をそそられるのは初めてかも。

あと遊作の声がこれでもかってくらいマッチしてた。遊作は見た目通りの落ち着いた性格で結構好きなタイプです。

今後の展開がとても楽しみです、ヴレインズには期待してます(*´ω`*)

では。

iPad Air買いました。

どうも、二階の部屋にアリが大量発生して満足に眠れないゼクサルです。

先日、とあるものを買いました。そう、iPadです。

f:id:e_wasser:20170430202726j:image

やっぱiPhoneと比べると全然大きさが違いますね!なぜiPadを買ったのかというと、ズバリ音ゲーのためです。REFLEC BEAT plusやバンドリ、デレステなどが大画面で出来るのは大きいです。

f:id:e_wasser:20170430202940j:image

保護フィルムも音ゲーに向いているものを選びました。パワーサポートのアンチグレアフィルムです。さらさらした感じで音ゲーがやりやすいです。まあ手汗をかくと若干滑りにくくはなりますが。早速この保護フィルムをつけてリフプラを一曲やってみました。

f:id:e_wasser:20170430203415j:image

いやあ、スピード調整できるようになったおかげでそこそこ高いスコア出ますね(ちなみにグルーヴィンの頃は96%くらいが自己べでした)

音ゲーのためにiPadを買いたいと思ってる方、もしいたら買うことをお勧めします。まあ当然ですがiPhoneよりも全然やりやすいです!

電池メンの回し方。

どうも、遊戯王ヴレインズが楽しみで仕方ないゼクサルです。今回は僕の好きな電池メンデッキの基本的な回し方について書こうかなと思います。

電池メンの効果などの説明は前に紹介しているのでそちらも併せて読んで頂けたらと思います。

 http://ewasser.hatenablog.com/entry/2017/01/04/200949

http://ewasser.hatenablog.com/entry/2017/01/21/200347

まず、電池メンの核となるのが角型です。角だけに(激寒)。まず角型で基本的に充電池メンをサーチします。場合によっては燃料電池メンや業務用でもOK。

何故充電池メンを優先的にサーチするかというと、次のターンで

①充電池メン召喚

②効果で角型を特殊召喚

③角型の効果で燃料電池メンをサーチ

④電池メンが2体いるので燃料電池メンを特殊召喚

というコンボが可能だからです。手札消費は充電池メン1枚のみでありながら総攻撃力は2700+2000+2100=6800。もう一枚燃料電池メンがあれば8000を超えます。単純なコンボながらかなり強力です。

ただ充電池メンは星5の上級モンスターなのでリリース素材が必要です。リリース素材を確保するのに相性の良いカードは帝王の烈旋やリビングデッド、壊獣などが挙げられます。あとブリリアント・フュージョンを使うのも良いですね。

また墓地に電池メンが2体以上存在し、手札が角型+燃料or業務用のどちらかの場合

①角型召喚、燃料or業務用持ってない方をサーチ

②墓地の電池メン2体を除外して業務用を特殊召喚

③電池メンが2体いるので燃料電池メンを特殊召喚

というコンボもできます。これで相手のカードを2枚破壊、1枚バウンスすることも出来ます!

この3体の総攻撃力は2000+2100+2600=6700。さっき紹介したコンボとほぼ同じ打点になります。ぅゎ電池メンっょぃ。

…こう書いていると「あれ、電池メンって強くね?」って思う方もいるかもしれませんが弱点も当然あります。弱点はヴェーラー・うららで止まる、そして防御が手薄、というところです。

この記事を見てわかる通り、電池メンは角型と充電池メンが核を担ってるのでこの2体が止められるとかなり厳しいです。充電池メン召喚→うららされるとただの星5攻撃力2100のモンスターです。特殊召喚できないサイバー・ドラゴンみたいなもんです。そして燃料電池メンは手札で腐ってしまい、そのまま負けることが多々あります(実際、充電池や角型が止められると勝負にならないです)。

あとは防御が手薄というのは、今時のデッキだと相手ターンに効果を発動するモンスター(今だと真竜、昔だとクリスタルウィングとか)が場に展開され、ある程度相手の行動を妨害出来るデッキが多いです。しかし、電池メンは相手ターンで効果を発動するモンスターは存在せず、そしてレベルもバラバラでエクシーズがしにくいということもあり、相手ターンではモンスターによる妨害は出来ません。罠カードで妨害するしかないです。

とまあ、長々と書いてしまいました。どうやら1,200文字も書いてしまったようなので、ここら辺で切ります。では。

CODE OF THE DUELISTを1箱開封!

どうも、最近カードを買いすぎて整理に困ってるゼクサルです。今回は記念すべき10期最初のパック、CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)を1箱開封したいと思います!!

f:id:e_wasser:20170417195938j:image

やっぱ箱を開封する時のワクワク感って異常じゃないですか?僕だけ?

今回このパックで欲しいのは《トポロジック・ボマー・ドラゴン》です。

f:id:e_wasser:20170417200159j:image

強いしかっこいい(小並感)。ブラック・ホールやシラユキ、ブラック・ガーデンなどで効果を何度でも使用できるのは魅力的ですよね。

あとは…そうですねえ、《ランカの蟲惑魔》ですかね(ニッコリ

f:id:e_wasser:20170417200824j:image

うん、色々素晴らしいですよね、色々と。

まあそんな感じで開けていきます。

f:id:e_wasser:20170417201000j:image

まさかのキャッスル・リンクがシクとスーでダブり…ただそれを除けばそこそこ良かったと思います!ガイアセイバー、トポロジックも欲しかったですけど単品で買うことにします。

 f:id:e_wasser:20170417235016j:image

あと星杯がかなり当たったので星杯も作ろうかなと思います。星杯だからスリーブはFateにでもしようかな。 

【ネタバレ注意】遊戯王ARC-V全話見ての感想。

どうも、ゼクサルです。

今回は先週の日曜日に最終回を迎えた遊戯王アークファイブの感想を書こうと思います。

批判寄りの記事になってしまう+最終回のネタバレ含むので受け付けないという方はここで戻るを推奨します。

 

 

 

 

 

 

悪かった点

・悉く視聴者の予想を悪い意味で超えてきたこと(92話とかドクトルの末路とか)

・S次元以降、Aカードがただのご都合主義になっている

・キャラの扱いが雑

主にここら辺でしょうか。デュエル展開とか乱入に関してもツッコミどころはありますがここでは触れません。 

S次元のコモンズとトップスの格差問題があのおじさんおばさん達の集団(名前忘れた)の一言で解決。瑠璃やリンを洗脳したドクトルをどう倒すのかと思えば、零王にあっさりカード化される。ここら辺が「は?」となりました…。

キャラの扱いにしても、エドや明日香の扱いもあんまりだし、遊矢・柚子以外の6人は統合という形で肉体を失うというエンド。バッドエンドと思ってしまうのは僕だけなんでしょうか…。

良かった点

・ゆゆゆゆが可愛かった

・個性あるキャラクター達

ゆゆゆゆに限らず、可愛いキャラが多かったですねw

素良くんとか反則でしょ。素良くん初登場回であ、神アニメだなと思った(小並感)

最終回にしても、遊矢が非常に可愛かったです(深刻な語彙力不足)

キャラの扱いはともかく、みんな個性があって良かったですよね。

総評としては、面白くできたはずなのにどうしてこうなった。という感じでした。あまり長く書いてしまうと批判ばかりになりそうなのでここら辺で終わります。本当はズァークのこととか色々書きたいんですけどねw

次回作のブレインズに期待したいですね!

では。

WBC開幕戦見に行ってました。

どうも、遊戯王熱が急に冷めて最近また熱くなり始めたゼクサルです。気がついたら一ヶ月ブログサボってたので開幕戦のWBCに行った話でもします。

f:id:e_wasser:20170323002634j:image

立ち見席でした。一歩後ろに下がっただけで人にぶつかっちゃうくらい混んでましたw

選手の写真とか撮りたかったんですが当日めっちゃ鼻血が出てしまってそれどころじゃなかった。無能すぎる。一応山田の例のホームラン疑惑の時に録画してたんですがブログに貼れないみたいなので。

f:id:e_wasser:20170323002851j:image

まあ結果は知っての通りだと思いますが、乱打戦でした。見てて面白い試合でした。

今日残念ながらアメリカに負けてしまいましたが、日本代表はよく頑張ったと思います。てか強化試合の時とはえらい違いでたまげた。

これからはサボらずブログ更新していこうと思います(フラグ)、では。

リンク召喚について。

どうも、免許の学科試験に2回落ち、あと1週間で仮免許が切れるという状況に陥ってるゼクサルです。

今回は、新アニメで新しく召喚するリンク召喚について自分の考えを述べたいと思います。リンク召喚について物凄くざっくり言うなら、「EXのモンスターを大量展開したいならリンク召喚しよう」ってことです。

リンク召喚は現在非難轟々ですが正直自分はアリだと思ってます。まず評価点として、「以前まで当たり前のように行われていた先攻制圧ゲーを抑制できそう」なこと。これは大きいです。今までは、先攻のプレイヤーが大型モンスターを次々に展開し、相手の展開はモンスターの効果や次元障壁等のカードで完全に封殺、という流れが横行していました。後攻のプレイヤーは手札誘発か妨げを持っていないと盤面を覆せずそのまま負けるパターンが多い。それがリンク召喚の登場で多少なりとも改善できる可能性がある。これでデュエル展開が低速になるのなら良いことだと思います。まあどうせコンマイさんは壊れリンクモンスター出して結局先攻制圧ゲーになりそう 

次に「カードを置く場所が重要になったこと」です。今まではカードは曖昧な場所に置いており、爆導索などのカードはある意味使えなかったです。が、これからはカードを置く場所が重要になったため、爆導索なども使いやすくなりましたし、カードの配置を意識するプレイングが求められるようになりました。

ぱっと思いつくメリットはこんな感じですが、勿論デメリットもあります。ただここでデメリットについて書き連ねると長文になってしまうのでまた別の記事で書きます。では。