ゼクサルのブログ

日常のこととか趣味のこととかゆるーく書きます

【ネタバレ注意】遊戯王ARC-V全話見ての感想。

どうも、ゼクサルです。

今回は先週の日曜日に最終回を迎えた遊戯王アークファイブの感想を書こうと思います。

批判寄りの記事になってしまう+最終回のネタバレ含むので受け付けないという方はここで戻るを推奨します。

 

 

 

 

 

 

悪かった点

・悉く視聴者の予想を悪い意味で超えてきたこと(92話とかドクトルの末路とか)

・S次元以降、Aカードがただのご都合主義になっている

・キャラの扱いが雑

主にここら辺でしょうか。デュエル展開とか乱入に関してもツッコミどころはありますがここでは触れません。 

S次元のコモンズとトップスの格差問題があのおじさんおばさん達の集団(名前忘れた)の一言で解決。瑠璃やリンを洗脳したドクトルをどう倒すのかと思えば、零王にあっさりカード化される。ここら辺が「は?」となりました…。

キャラの扱いにしても、エドや明日香の扱いもあんまりだし、遊矢・柚子以外の6人は統合という形で肉体を失うというエンド。バッドエンドと思ってしまうのは僕だけなんでしょうか…。

良かった点

・ゆゆゆゆが可愛かった

・個性あるキャラクター達

ゆゆゆゆに限らず、可愛いキャラが多かったですねw

素良くんとか反則でしょ。素良くん初登場回であ、神アニメだなと思った(小並感)

最終回にしても、遊矢が非常に可愛かったです(深刻な語彙力不足)

キャラの扱いはともかく、みんな個性があって良かったですよね。

総評としては、面白くできたはずなのにどうしてこうなった。という感じでした。あまり長く書いてしまうと批判ばかりになりそうなのでここら辺で終わります。本当はズァークのこととか色々書きたいんですけどねw

次回作のブレインズに期待したいですね!

では。